2022年8月14日日曜日

テスト4

デバイ遮蔽

デバイ遮蔽

電子密度 $n_e$ のプラズマ中にテスト電荷 $q_0$ を置いた場合、電位分布は次のようになる。 \begin{equation} \phi(r) = \frac{q_0}{4 \pi \epsilon_0 r} \exp\left(-\frac{r}{\lambda_D}\right) \end{equation} ここで、$\lambda_D$ はデバイ長であり、次式で表される $T_e$ と $n_e$ に依存する量である。 \begin{equation} \lambda_D = \sqrt{\frac{\epsilon_0 k_B T_e}{e^2 n_e}} \end{equation} 例えば、$\mathrm{5 eV}$ で $\mathrm{10^{17} m^{-3}}$ のプラズマのデバイ長は $\mathrm{5.3 \times 10^{-5} m (0.053mm)}$ である。

ただし、電子のデバイ長である。

大見出し

h2タグの見出しの下に記述する本文です。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3

小見出し

h3タグの見出しの下に記述する本文です。
h3タグは、h2タグの中にもう一つ見出しを作りたい時に使用します。

リンク

まとめ

この記事のまとめを記述します。

\begin{align} \sum_{i=1}^{n}i = \frac{1}{2}n(n+1) \end{align}

0 件のコメント:

コメントを投稿