2017年9月15日金曜日

コンデンサの容量の見方


セラミックコンデンサなど小型のコンデンサには、片面に3ケタの数字が書かれてあり、それが静電容量を知る手がかりとなります。

103 と書かれていた場合、左2ケタ が数値、3ケタ目が10の何乗なのかを表し、書かれてはいませんが単位は暗黙の了解で [pF] であります。

高周波回路などではたまに電流の定格オーバーでコンデンサが壊れることもあるので、製品の型番などからデータシートを調べて、保管する際にメモとして一緒に入れておくと便利です。