2017年9月27日水曜日

徳は孤ならず 必ず隣有り


子曰く
徳不孤 必有隣

徳は孤ならず 必ず隣有り
(とくはこならず かならずとなりあり)

これはもちろん、徳のある人には支持者がいるという意味でありますが、実は、一つ徳を身に付ければ、必然ともう一つ、もう一つと徳を身に付けていきたいと思うような姿勢的な意味合いもあります。徳は独立したものではないということですね。

ですからまずは一徳を優先しましょう、されば必然と徳のある人になれる、という意味合いもあります。
(論語)