2017年8月29日火曜日

点電荷に関するクーロンの法則


*点電荷に関するクーロンの法則
・・・1785年、フランスのクーロンによって発見
公式;   F = Q₁Q₂ / 4πε₀r₂   [N]

ただし、これは点電荷にしか適用できない。
電荷分布; λ [C/m]、σ [C/m²]、ρ [C/m³] で与えられている場合はそれぞれ、
λ・dl [C] 、σ・dS [C]、ρ・dV [C] と分布を点のように小さく分割してクーロンの法則を適用させる。