2017年6月26日月曜日

仮想変位の原理(微分形)



仮想変位の原理は、微小区間 dr で力 F がする仕事 dW = F・dr を変形して


F = dW / dr としたものです。
ただし、電源( エネルギーの供給源 )を含まない系に対しては物体は仕事をされる( 物体自ら仕事はしない )ので、ある物体について式を立てたときに負号がつきます。仮想変位の場合については、


F = - dW / dr となります。


電源がある場合は F = + dW / dr となります。