2017年6月10日土曜日

ラプラス変換



Laplace変換・・・運動方程式や振動回路の解析に用いられる。


Def; Laplace変換
アナログ関数 f(t)の片側ラプラス変換を次で定義する。
L[ f(t) ]   ≡   F(s)


ラプラス変換では通常は t > 0 の範囲を考えるので、f(t) = 0 ( 0 < t ) とする。
フーリエ変換の jω = 1 と置いたモデル。