2017年5月29日月曜日

[note12] 電気力線の定義




Def; 電気力線


1; 正電荷から出て、負電荷に入る
2; 帯電体の表面から垂直に出入りする
3; 唐突に消えたり、現れたりしない(必ず発生源と収束源がある)


4; Q [C] の電荷からは総量 N = Q / εo 本が空間に分布する
5; 電気力線の密度は、その点の電界の大きさに等しい
6; 電気力線の接線は電界の向きに等しい


向きが違う電気力線は打ち消しあいます。
単位は [Vm] ですが本と書いても問題ないです。




Question;


電気力線の性質を用いて


1) 点電荷 Q [C] の周りの電界を求めよ
2) 電荷 Q [C] に充電された平行平板コンデンサの電界を求めよ




Solution;



その他の例題 (電気力線分布) → 電気力線分布 例題