2017年3月7日火曜日

雷の電流と雷が地球に供給する電荷量

雷の電流はだいたい数千から数万アンペアで、電流は短い時間流れて、その間に地球に供給されるのは多くても数十クーロン程度です。

雷の時には、地表から雷雲へ向かう電界が見られます。また雷雲は動いています。雷が落ちる時というのは電流が流れるので、その瞬間強い電波が測定されます。また雷雲が加速度運動をする時には、例えばラジオにノイズが入ったりします。しかしテレビにノイズが入った記憶はないのでテレビ程高周波ならば問題ないかもしれません。

雷の際は木の下よりも木から少し離れたところ、ビルの中、車の中に避難しましょう。


かなり大雑把ですがいろいろと仮定して計算してみました。
雷の電流密度