2017年3月19日日曜日

演習問題7.7 解説


7.7

Question;

問図7.2のように、比透磁率が μr の鉄心部分と空隙(クウゲキ)からなる時期回路がある。これに起磁力 F を加えたとき、つぎの各量を求めよ。
(1) 磁束
(2) 鉄心中の磁化の強さ
(3) 鉄心の両端に現れる磁極の強さ

Direction;

磁気回路の磁束は、オームの法則のように
φ = F / Rm で求められます。
磁束密度は B = φ / S で求めます。
同様に B = μH や M = χm・H や Qm = MS などを用います。
磁荷密度 M に断面積をかければ磁極の強さ(磁荷)になります。

Solution;

分数に直し忘れましたがこの解答でも特に問題ないと思います。