2017年2月23日木曜日

無限はしご回路の問題の解法について


*無限ラダー回路 (無限はしご回路)の解法


1, 無限にはしごを組んだ時に、合成抵抗がある値 R∞ に収束すると仮定する。

2, はしごを n 段組んだ時の合成抵抗をRn とすると、n→∞ とした時に、Rn = Rn+1 が成り立つ。(たくさん繋げたら、もう1段追加しようが抵抗値は変わらないだろうと考える)

3, はしごがn段の等価回路 (合成抵抗: Rn) と、その等価回路を用いてはしごが n+1 段の等価回路 (合成抵抗: Rn+1) を書き、後者の合成抵抗を Rn を用いて表し、両者の等式を立てて、それを解く。


例題はコチラ
[3.6-1] 無限ラダー回路と黄金比
[3.6-2] 無限ラダー回路-2-