2016年12月18日日曜日

無限平板の磁界をベクトルで表示する

無限平板の磁界は平板に平行であり、平板を挟んで互いに逆向きであり、大きさは J / 2 でした。 
H₁ と H₂ はどちらも電流密度 J と垂直の関係にあり、その差 H もまたその関係にありますから、HとJの関係は単位法線ベクトル n として H = n × J です。

しかし、平板を挟んで磁界の向きが突然反転することから、電流が流れている境界面ではH1 = H2 は成り立ちません。不連続点が生じます。これは厚さがゼロだという無茶な仮定によるものであります。