2016年12月11日日曜日

[ex1.6.2] 仮想変位2 導体球にかかる力

問:
半径a [m]、Q [C]を持つ導体球にかかる単位体積あたりの力を求めよ。
大切:
+Q はちいさな+ΔQの集まりでできている。
マイナスのも同じく。
ゆえ、+ΔQ どうしが反発しあって、球は広がろうとする方向に力を受ける。この力の向きは電荷の符号に関係せず、常に同じである。