2016年11月30日水曜日

表記について


閲覧ありがとうございます。
ライターの Minem です。

当サイトは教育・工学・技術等についてのサイトです。
無論、問題の解法等を教える際はわかりやすく、受け入れやすい方が良いでしょう。
従って当サイトでは次のように表記します。

  1. 分数の中に分数が入っていてもあえて整理しなくてもよいとする
  2. 電界 E、磁束密度 B などの常識的な記号は都度断らずに使ってよい
  3. 表面電界 Es など、添え字も自明なものは断らずに用いて意味を指して良い
  4. 掛け算の記号には * (全角のアスタリスク) を採用
  5. 関数の変数が当然にわかっている時、変数表記を無視してよい
  6. 回路などでは複素数と実数の区別はつけなくてよい
  7. 絶対値記号には abs[] を採用
  8. 総和の記号には sum[] を採用
  9. 平均の記号には ave[] や <> を採用
  10. 有効数字には特に配慮しなくてよい
  11. 複素数の極表記はexpを使わずに実効値と角の記号; ∠ を用いて、角; ° で表す
  12. 解答はなるべくMKSA単位系でする。ただし歴史的な慣習には従う
  13. 底が10の指数は E を用いて表してもよい

最近、小学校の指導要領に長さ、面積、体積の単位換算が導入されました。
もはや単位換算が出来ないは恥です。小学生でも1m³ = 100万cm³を知っています。
その他諸々の細かい事は各セクションの全記事紹介ページに書かれています。


ライター; Minem
(e-mail: minemengineering@gmail.com)
Twitter → @Minem_eng